薬は悪者?

薬は悪者?

今日もくしゃみが出るかも…
だから予防に薬を飲んでおこう。

今夜も眠れないかも…
だから予防に薬を飲んでおこう。

でも、本当は薬ってよくないんだよね。
薬に変わる何か、ないかな。

って思っている人がいると思います。

薬に不安を抱えている人に、
薬は本当に悪いのか?
薬に変わるものってどんなものがあるか?

そんなお話を、
私のアロマの教室ではしています。

少し落ち着いてきた花粉症ですが、
私は中学生で発症しました。

止めどなく流れてくる鼻水を、
男子に見られるのが恥ずかしくて、
症状が出ない時でも薬を飲んでいました。

お陰で、花粉症の季節は眠気に襲われ、
ほぼ授業中は寝てしまうという失態を繰り返していました。

そんな時に、アロマの存在を知っていたら…。

でも、ただアロマの存在を知っていたからと言って
花粉症対策に使えるかと言うとそうではないんです。

体の調子を改善するには、
身体のメカニズムを分かっていないと、
薬を飲むのと一緒。

よく分からんけど、
くしゃみが止まるなら使ってみよう!
となってしまいます。

だからうちの教室では…、

なんで花粉を吸うとくしゃみが出るのか?
って事をイラストを見て説明して、

それを分かった上で
精油の作用を期待して使う。
って事をお伝えしているので、

今日は大丈夫と思うけど、
鼻水が出たら恥ずかしいから薬を飲んでおこう。
と言った事をせずに、

今日は大丈夫そうだから、
アロマで対処しよう。と変わります。

薬は悪者。とは私は思いません。

何でも過剰に取ってしまう事で
副作用(毒性)が出てしまうので、
「必要でないけれど不安」と思うときは、

薬効のある植物の力を借りて、
穏やかな作用を期待して使ってください。

-香り子からのメッセージ-
薬も、アロも、ハーブも、
上手に使いましょう。

4月の無料レッスンは
4/3(水)
10:30~
14:00~

~魔法のアロマトリートメント~
※毎週火曜10:30~ 14:00~になります。
4/9
4/16
4/23
4/30

ご予約は