低濃度だから安心は捨てましょう。

アロマオイル…、すなわち精油
のことを学びたくて、

アロマテラピーの勉強を
学び始めると思いますが、

私がお伝えしている
アロマテラピーのお勉強の中には、

ハーブウォターと言うものも
あります。

アロマテラピーは、
香りを使う療法の事を言いますので、

この、香りのする水も、
とても役に立ちます。

ハーブウォターとは、芳香蒸留水
のことを言います。

芳香蒸留水とは、
ラベンダーなど、

香りのする植物に蒸気をあてて
精油を採る際、

水に溶ける香りの成分を含んだ水。
のことを言います。

メーカーによっても
違うんですが、

私が扱っている
健草医学舎のハーブウォターは、

香りの成分が1%未満ですので、
とても香りが弱いものになります。

そのため、何だか水っぽい
って思うこともあるかも知れませんが、

アロマ初心者さんには、
とても安全性の高いものになります。

精油は100%
香りの成分で出来ていますので、

刺激が強く、皮膚に当たると、
痛みを感じることがあります。

また、皮膚に当たることで、
アレルギー反応を起こすこともあります。

だけど、芳香蒸留水は、
香りの成分が、1%未満しか
含んでいないので、

刺激や、アレルギーのリスクが
かなり下がります。

だから安心? いえいえ、

刺激や、リスクが下がるだけであって、
ないわけではありません。

●香りの強い芳香蒸留水は、
気をつけましょう。

※香りが強いと言うことは、
香り成分がたくさん入っている。
という事です。

※その分、刺激が強くなります。

低濃度だから安心。は捨てましょう。

アロマテラピー=芳香療法
を学ぶなら、

芳香蒸留水の事も
しっかり学べる所へ来てください。

体験講座は、
9/4,10/2
10:30〜 14:00〜

申し込みフォーム

お問合せ・ご予約