アロマを使いこなすポイント

熱が続いたり
痛みがひどかったりすると、

普段なら病院を訪れるが、
今回はそうもいかなかった。

我慢できるくらいなら、
医療従事者の手を煩わすことは
ないと考えたからだ。

だけど痛みと言うものは
なかなかたえがたい、

すぐにでも薬を飲んで抑えたい。

 

 

今回のコロナ感染予防の自粛により、
改めて精油の力を確信した。

●のど風邪をひいた時は、
アカマツヨーロッパに助けられた。

●腹痛がひどかった時は、
ウィンターグリーンに助けられた。

●食べ過ぎて胃が痛かった時は
バジルに、

●デスクワークで肩こりがひどかった時は
ローズマリー・カンファーに、

●娘のアトピーのかゆみ止めは
タナセタム、

●生理痛にはイランイラン。

 

病院に行きたいけど行けない時って、
これからも幾度とあると思う。

こんなときに、
アロマをササッと使える知識を得たい。

そう思って学ばれる方が
たくさんるいると思いますが、
なかなか現実は甘くない。

生徒さんたちを見ていて
その原因を3つ考えてみた。

①お家で実践しない。
②一気にたくさんの精油を使おうとする。
③試すことをしない。

精油は薬ではないので、
〇〇は痒み止めに効果があると言っても、

その人の症状に合った
濃度や基材を使わないと、
効果が得られません。

私は普段から実践して
適量がわかるようになりました。

 

一気にたくさんの精油を使いこなすのは
難しいことだと思います。

胃もたれや、生理痛、頭痛に腹痛など、
普段よくなる不快症状を緩和する精油から
私は揃えました。

 

シナモン精油は甘いと聞いて、
なめたことがあります。

飛び上がるくらい痛かったは、
シナモン・カッシアでした。

なめた瞬間、痛たたたたぁ
と叫んでしまいましたが、

身をもって口に入れることの
危険性がわかりました。

危ないことをあえてする必要は
ないと思うけど、

試してみないと本当の良さや
怖さはわからないと私は思っています。

 

今回はオンライン講座のお陰で、
受講生のみなさんとも順調にレッスンを
行えました。

お陰で6月、7月とアドバイザーコース
を卒業する方が6名いらっしゃいます。

この後、ステップアップされるのか
どうかは受講生さん次第です。

 

●このまま学びを終わらせたくない。
●家族や大切な人を守れるようになりたい。
●アロマテラピーをお仕事にしたい。

 

どんな道を選ぼうと、私は
彼女たちが選んだ道を応援しようと思っています。

 

 

魔法の香りでアロマテラピーを学びませんか?
無料体験講座は毎月第一水曜日です。

6月は3日(水)
10:30~ 14:00~です。

無料体験ご希望の方は
●午前の部、午後の部
●オンライン無料、対面受講

を明記の上お申し込みください。

無料体験会ご予約◀アクセスください。