メディカルハーブ術「呼吸器=経口投与」

インフルエンザウイルスは
気道で繁殖し、

新型コロナウイルスは
肺で繁殖する。

ってことは
呼吸器系を守る精油やハーブ
を使えばいいか。

 

とテレビで報道されている
ウイルス情報を聞いて思った。

考えたのが、
呼吸器をどう守るかだ。

ウイルスたちは
黄色いところ「鼻腔」から入ってくる。

次に赤いところ「鼻甲介」へ
と侵入してくるが、

この鼻甲介というところが、
いい塩梅の湿度と温度を保っている。

この環境により外からの侵入物は
奥に進めなくなる。

 

だけど冬になると
乾燥し温度が下り環境が一変する。

ウイルスは乾燥が大好きだし、
働く細胞は寒さに弱い。

 

と言うことで感染症に
罹りやすくなる。

こんな時の私の
メディカルハーブ術は、

●痰を出しやすくするもので、
●抗感染力もあり、
●気道、食道を通るもの。

を使うことです。

今回はタイムをハーブティーで
頂きます。

 

●チモールの精油成分が
鼻腔や気道を通ることで、
直接ウイルスを攻撃します。

●サポニンを含むため、
たんを出しやすくしてくれます。

働く細胞の助っ人
ビタミンCを多く含むローズヒップと
一緒にブレンドしました。

ほどよい酸味が
チモールの強い香りを抑えて
とっても飲みやすかったです。

 

呼吸器系へのサポートはやはり
経口投与が一番ですが、

精油は作用が強いので
飲める精油と謳っているものでも、

知識のない者が簡単に飲むことは
お勧めしません。

 

そんな時に効果的なのが
ハーブティーです。

ただハーブティーも
ただ飲むだけでは効果が期待できません。

 

新講座
メディカルハーブティーアドバイザー講座では、
(詳細は▲アクセスください)

●どんな時にどんなハーブティーを
飲めばいいのか?
●有効成分はどれだけの時間で
抽出できるのか?
●ハーブティーは飲めば飲むだけ
体にいいのか?

など盛りだくさんでお届けします。

4月5日の最強開運日に
受講の受付を開始いたします。

 

アロマテラピーも好きだけど
ハーブも気になる方は、

メルマガ登録お待ちいたしております。

●メルマガ登録は
無料メールマガジン ◀アクセスください。

●無料体験講座は
3月4日・5日の2日間です。
無料体験会ご予約 ◀アクセスください。