薬と精油の作用の数の違い

薬王国の日本です。

薬局に行くと風邪薬だけでも
かなりの数があります。

何がどう違うのか?
私は買う時迷ってしまいましたが、

皆様は、迷わず選べますか?

 

そもそも風邪薬自体、
アロマを始めてから買った事が
無いので、

買う時に迷ってしまう。
という表現は間違っているんですが、

皆さん買う時はきっと、
熱を下げたい。痛みを取りたい。

などの理由があって、
買われると思います。

そんなふうに思うと薬って…、

●熱も下げて、
●菌もやっつけて、
●胃も保護して、

と言った複数の作用
が期待できるものって無いですよね。

アスピリンは、解熱、鎮痛、消炎剤
って言うくらいなので、
3つの作用が期待できますが、

そんな薬は、
滅多にありません。

 

病院で薬をもらったら、
1種類以上は入っていませんか?

そして看護師さんが、
この薬はいついつ飲んで…、

と、数種類の薬の
飲み方を説明してくれます。

 

ここが精油との違いです

精油は、
一つの分子が沢山の作用を持ちます。

例えばオイゲノールは
クローブ精油に多く入っている分子ですが、

強い抗菌力を持つだけでなく…、
●抗炎症作用
●抗酸化作用
●好中球への作用
などを併せ持っています。

なのでクローブ精油は、
■炎症性のサイトカインの抑制
■アンチエイジング
■免疫系の働きを抑える
などが期待できます。

すごいですよね。精油って。

そんな精油ですから、
効果的に使いたい。

でも、
精油は薬ではありません。

使い方を知らない人が、

自己判断で
口に入れることはとても危険です。

最近では、
「飲める精油」と謳って、

精油を飲むように進める
団体がありますが、

飲み方に問題があります。

原液を水に垂らして飲むなんて
とても危険な行為です。

口腔・食道・胃などの消化管は
とてもデリケートです。

だから精油は、
特に注意して使ってほしいです。

●飲めという人は、なぜ飲めというのか?
意味が分かっていますか?
●毎日使って欲しいと言う人は、
どんな根拠で毎日使えと言いますか?

鵜呑みにせず、しっかり調べて
考えてから実行しましょう。

無料体験会ご予約
無料メールマガジン

お問い合わせ
お待ちいたしております。