あおたんやかすり傷の応急手当に

ケトン類を含む精油で
安全性が高いものは、

ラベンダー・スピカと
ヘリクリサムです。

 

本当にこのペアを
私は、離すことが出来ません。

 

ぜひとも、香りの救急箱に
入れておいて欲しい精油です。

 

ラベンダー・スピカに関しては、
瘢痕形成作用が半端ない。

ヘリクリサムは、血種抑制作用
と血液凝固阻止作用に長けています。

けがをした時の
応急処置にはもってこいの精油達です。

 

●よく傷を作ります。
●よくぶつけてあおたんが出来ます。

といった方におすすめです。

 

ただ、これらはケトン類
と言う精油の成分を含んでいるので、

いくら毒性が低いからといって
毎日使うと危険を伴います。

精油はあくまでも、応急処置に
お手当に使ってほしいです。

 

もし顔にあおたんが出来てしまったら、
放っておいても自然に治るかもしれませんが、

一日でも早く
青あざを取りたいですよね。

 

こけてかすり傷が出来た時も
自然に治るかもしれませんが、

感染症のことも気になるし、
やつぱりお手当はしたいですよね。

 

お手当にアロマテラピー
やっぱり活躍します。

メディカルアロマの知識を
身につけませんか?

無料体験講座は
10/2(第一水曜)
10:30~ 14:00~

お問合せ・ご予約◀アクセスください。