好きな香りでアレルギー対策

子供の頃はアレルギー
という言葉を聞いたことがなかった。

と言うのも、アレルギーを発症している子が
周りにほとんどいなかったからだ。

だけど唯一発症してる人で
知っていたのがいとこだ。

そのためアトピーという言葉は
小さい頃から知っていた。

 

 

中学生になってから、春や秋になると
目が痒くなりくしゃみが止まらないという、

花粉症の症状が初めて出て、
アレルギーの存在を知った。

今では知らないヒトがいないくらい
知られているアレルギーですが、

子供で、何んらかのアレルギー
を持っている子は4人に1人
だと言われています。

 

 

何でこんなに
アレルギー持ちの子が多いのか?

原因の1つに
過度の潔癖があると思います。

免疫力って、菌にさらされることで
出来上がっていくものなので、

菌がいないと活性しないから、
免疫力も育たない。

だから除菌、除菌も
問題だと私は思います。

 

 

精油の中でも、アトピーや花粉症に
大きな活性を示すカモマイル・ジャーマン
の香り成分であるカマズレンは、

私達の細胞を包んでいる
細胞膜の材料の1つである
「アラキドン酸」という不飽和脂肪酸を、

細胞膜から離れないようにする
力を持っています。

アラキドン酸が細胞膜から離れないと、
炎症をおこす物質と合体しないので
アレルギーは抑えられます。

 

 

免疫細胞同士の言葉である
サイトカインのIL-31は、
痒みを起こさせるサインと言われています。

このサインを抑える、
つまりIL-31を阻害する香り成分が
リナロールやメントールです。

 

 

カモマイルジャーマンは
香りに特徴があり、
苦手なヒトは使えないかもしれない。

じゃぁあきらめる?

考えて選択できる知識がついていると、
好きな香りがアレルギー対策に期待できると、

10年以上、アロマとからだのしくみ
を学んできて確信しています。

 

好きな香りでアレルギー対策、
自分アロマを実践できる知識を身につけませんか?

6/3の無料体験講座は
コロナ感染予防につきオンラインでも
受けて頂けます。

無料体験会ご予約
▲アクセスください。