電子座標軸と4つの体質講座とは

ヒポクラテスによる四体液説とは「血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁」の4種類を人間の体の中を流れる基本の体液とし、その調和によって身体と心の健康が保たれ、バランスが崩れると病気になると言うものです。

この考えはもともとエンペドクレスによる四代元素説(気・水・火・地)の影響を受けたものです。その後、エンペドクレス【万物は四大元素から成り立つ】という考えは、アリストテレスにより四大性質(湿・乾、熱・冷)の組み合わせから成り立つという考えに発展していくのです。

 

こんな方におススメ
☑四体液説とはどんなものかを知りたい方
☑精油の成分が四つのどの体質に対応するのを知りたい方
☑四つの体質について詳しく知りたい方
☑火・水・土・風が黄胆汁質・多血質・粘液質・黒胆汁質とどう対応するか知りたい方
☑座標軸上の芳香性分類の位置だけでなく分子の位置も知りたい方

 

オンライン講座ヒポクラテス講座

 

 

 

 

 

人が医術を発見し進歩してきたのは、医術が必要だったからです。もし病人が健康な人と同じ状態であれば、医術は生まれませんでした。どんな時代の医師も日常に生じる体の状態(頭痛、悪寒、のぼせやほてり)が、実際に不快な症状(病気)として現れない段階で、予防できる分類方法はないだろうか?という問いを抱いていました。

この問いに答えるべく西洋の医学で発展したのが、古代ギリシャ人の医師ヒポクラテスによる「四体液理論」です。ヒポクラテスによると、白い血液、赤い体液、黄色い胆汁、黒い胆汁と言った四つの体液が調和のとれた状態である時、「健康である」としました。

この講座はヒポクラテスの四体液理論に芳香学(電子座標軸)の知識を加え、芳香植物が持つ香りの分子についてご理解いただくことを目的としています。

 

カリキュラム
・火と水の原理
・四つの混合液
・元素および気質/多血質/リンパ質/黒胆質/胆汁質
・人生、季節と四つの体質
・生体電子学座標について(横軸・縦軸)
・芳香成分と分子の座標上での特徴
・それぞれの体質のまとめ
・体質に合った精油で作るブレンドオイルづくり

 

受講料&教材費

●12,500円(テキスト・クラフト作成費含む)

●電子座標軸と4つの体質講座への受講申し込みは…
お問い合わせ・ご予約フォーム▶ アクセス