精油の化学(入門編)について

この講座は、私がアロマの化学を学んできて、楽しい内容だ。
と思ったところを厳選して、一つのテキストを作りました。

なので…、「原子」とか「分子」とか「有機化学」とか「官能基」
と言う言葉はほとんど使いません。

そんなことより、
どうして芳香植物が香りの成分を放つのか?

●昆虫から食べられないように、その昆虫の天敵を呼び寄せるため。
●他の植物の発芽成長を妨害するため。
●足がない植物です。昆虫を引き寄せて子孫を増やすため。

などを知る方が楽しいです。

 

どんなふうに、芳香植物から精油を抽出するの?

●水蒸気蒸留法
●圧搾法
●溶剤抽出法

実際に、水蒸気蒸留法で精油を取り出してみるのも
楽しいです。

 

芳香成分は、芳香植物の中に存在する時はさほど強い力を持っていませんが、
「精油」となると凝縮されている分かなりの力を発揮します。

だから…、芳香植物の基礎の基礎から身につけることが大切です。

 

こんな方におススメ
☑香りの成分とはどんなものか知りたい方
☑芳香植物にはどんな香りの成分が入っているのかを知りたい方
☑精油はどんな風に作り出されるのか知りたい方
☑ハーブ・花・樹木の香りってどんな香りかを知りたい方
☑ハーブ・花・樹木の香りってどんな作用があるのかを知りたい方

 

精油の化学入門編

 

 

 

 

 

 

 

カリキュラム
・芳香植物はなぜ精油を作るのか
・精油の抽出方法(4種類)について
(水蒸気蒸留法・圧搾法・溶剤抽出法・ガス抽出法)
・ハーブの香り(ハーブの香り成分と利きアロマ)
・花の香り(花の香り成分と利きアロマ)
・樹木の香り(樹木の成分と利きアロマ)
・ハーブor花or樹木の香りでコロン作り

受講料&教材費

一人でも多くの多くの方に芳香植物のことを知ってもらい、
安全で効果的にアロマテラピーを行ってもらいたいと思っています。

●1回完結講座(3~5時間)10800円
●教材費は受講料に含まれます(テキスト代)

●精油の化学入門編への受講申し込みは…
お問い合わせ・ご予約フォーム▶ アクセス