植物油脂講座について

食べ物に含まれる「油」の種類が健康状態を大きく左右する。
そんな言葉を耳にしたことありませんか?

●肌のかぶれや湿疹ができやすい。
●花粉症に毎年悩まされる。
●いつも鼻が詰まっている。

これらのアレルギー反応は炎症が関与している
ことが考えられますが、

体質でかたずけられる問題でないと
私は思っています。

動物性油脂は動脈硬化のリスクがあがるため、
リノール酸を多くとりましょう。

といった国の考えが、炎症体質を
導いたのかもしれません。

 

アメリカの飲食店では、「トランス脂肪酸」の使用
を禁止しているということをご存知の方は多いと思います。

マーガリン・菓子類・ファーストフードなどに
トランス脂肪酸が大量に含まれていますが、

日本ではこれらに使用することが禁止されていません。
トランス脂肪酸は、本当に必要なのでしょうか?

 

植物油脂講座では、「あぶら」の有用性と危険性を
基礎編・応用編に分けて細かく掘り下げてお伝えします。

基礎編カリキュラム(全1~2回)

「はじめに…」
●世界の油脂の歴史
●日本の油脂の歴史
●食文化から見る日本と油脂

第一章 <植物油の分類>
①油脂とは
・油脂/ロウ(ワックス)/飽和炭化水素
②脂肪酸の分類
・脂肪酸と油脂の特徴
・脂肪酸の種類と特徴(飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸)
・脂肪酸について
(オレイン酸/リノール酸/アラキドン酸/γ-リノレン酸
/α-リノレン酸/DHA/EPA)
・植物油の劣化と脂肪酸
・ヨウ素価
・重合
・加水分解
③外用と食用の安全性
・過酸化脂質
④代表的な植物油(外用)
・アーモンド油/グレープシード油/オリーブ油/ホホバ油
/マカデミアナッツ油/セサミ油/ココナッツ油/ミツロウ
/シアバター/カカオバター
④代表的な植物油(食用)
・オリーブ油/米ぬか油/ベニバナ油/ココナッツ油
/亜麻仁油/グレープシード油/セサミ油

応用編カリキュラム(全1~3回)

第二章 <油脂の健康と美容への活用>
①脂肪酸の摂取からエネルギー産生
●脂肪代謝
●糖質制限と脂質代謝、ケトン体
●ケトン体のメリット、デメリット
●脂肪酸と炭素数/ケトン体と中佐脂肪酸
・短鎖脂肪酸/中佐脂肪酸/長鎖脂肪酸
●短鎖脂肪酸と健康
・GLA-1/GLR41/GPR43
●脂肪細胞と脂肪滴とその代謝
・脂肪細胞の代謝
②体内での脂肪酸の合成
③脂肪酸と生理活性物質
・必須脂肪酸とその働き
・プロスタグンジン/トロンボキサン/ロイコトリエン
/シクロオキシナーゼ/リポキシナーゼ/飽和脂肪酸
/n-7系脂肪酸
④トランス脂肪酸について
・飽和脂肪酸に対する低減目標
・脂質の摂取量とバランス
⑤皮膚と脂肪酸
・脂肪酸の受け渡し
・脂肪酸の皮膚への作用
⑥その他用語
・けん化/けん化価/融点
/乾性油/半乾性油/不乾性油
⑦製造工程
・粗油脂/精製過程
●植物油脂のプロフィール(外用)
・椿油/小麦胚芽油/月見草油/アボカド油/アプリコット油
/モリンガ油/ローズヒップ油/ひまし油/ボリジ油
●植物油脂のプロフィール(食用)
・キャノーラ油/ヒマワリ油(ハイリノール・ハイオレイック)
/ヘンプ油/クロフサスグリカプセル/月見草油/大豆油
/サラダ油/ショートニング(マーガリンとの違い)/バター

受講料(教材・テキスト込み)

植物油脂講座(基礎編)▶18700円(税込み)
植物油脂講座(応用編)▶23100円(税込み)