37.5度じゃなく基礎体温を知るべきでは?

テレビの情報って
どこまで本当かわからない。

 

私のように
疑いを持っている者は、

いろいろ調べるかも
知れないけれど、

 

母などは
ミヤネ屋で宮根さんが、

37.5度の熱が続いたら
受診するように言っていたから、

37.4度までは大丈夫、
と主張してくるがその根拠は何?

歳を重ねると
「疑問に思う」ということが出来なくなるのか?

 

人それぞれ体温は違うんだから、

37.5度よりも、
自分の基礎体温を知る方が大事だ。

例えば、
生まれたての赤ちゃんは、

ポカポカしていて
とても温かいけど、

母などは痩せていることもあるが、
ひえひえで冷たい。

基礎体温は36〜37度
と言われているが、
高齢者は35度代の人もいるらしい。

 

私は基礎体温が36.5度以上あるが、
1度でも上がると体が重だるくなる。

 

お偉い先生が言ってたから本当、
あの人が言うんだから間違いない、
ということはないと私は思います。

 

緊急事態宣言が解除されてから、
大阪も神戸も京都も一気に人が増えました。

これから夏に向けて、
紫外線に弱いコロナウイルスは
少しは大人しくなるかもしれませんが、

やはり用心しなければ
いけないと思っています。

もしまた第2波が来た時に
慌てないためにも、

ウイルスについてもう少し関心を
持ってもらいたいと思います。

そして、

●病院に行けない
●薬を買いに行けない
●今すぐどうにかしたい

時の備えとしてぜひ
アロマテラピーやハーブなど、
植物の力を取り入れて欲しいです。

 

自分や家族を守るために
アロマの知識を身につけませんか?

無料体験講座は
6/3 10:30~ 14:00~

お問い合わせお持ちいたしております。
無料体験会ご予約◀アクセスください。