飲んでもいい?の質問になんて答える?

アロマテラピーの仕事をしていて
聞かれる質問の中に、

精油って飲んでもいいんですか?
があります。

この質問、同業者の皆さんは
どんな風に答えているのか、

すごく気になります。

●絶対にダメです。
●飲むものではありません。
と否定するヒトがいるだろうし、

●自己責任のもとでなら大丈夫。
●安心して飲んでください。
と肯定するヒトもいると思います。

アロマを始めた頃の私は
前者でした。

教えてくれてたヒトが
精油は雑貨だから飲んだらダメ
と言っていたから、

飲んだらダメなんだ。
と思っていました。

だけどフランスでは薬として
飲んでるって言うよな…。

きっとフランスでは
精油の区分は「薬」なんだ。

そんな風に思っていたものだから、
生徒さんにも当然そんな風に
教えていたし、

教えてもら方も
教えてもらったように
伝えていたと思う。

当時の私は本当に無責任でした。

アロマを勉強しだした頃は、
メディカルアロマと言うものが

日本に入ってきた
初期の頃だった事も、

間違った情報が身についた
きっかけになったと思います。

この時
調べなければならなった事は、

薬や雑貨とはどんなもので、
その精油はどんな区分になるのか?
という事です。

●薬として認められるには
どんな届けが必要で、
誰に認めてもらわないといけない?

●雑貨として販売する場合は、
どんな物でも届けなくてもいい?

そんなことを知らずに
飲んだらダメだよ、飲んでもいいよ、
と話すのは無責任!

だから今ではこう答えています。

あなたが使っている精油は
どんな区分になっていますか?

●「雑貨」扱いになっているなら、

口に入れても大丈夫
と認められたものではないので、

私だったら安全性をきちんと
調べない限り口に入れません。

※雑貨とは、食料品や衣料品を含めないもの
とした考えで書いています。

●「食品添加物」扱い
になっているものも、

着色料や保存料などに
結構なこだわりがあるので、

なぜ、ここの精油は食品添加物
として扱っているのかを調べます。

結果、口に入れることがあったとしても
安易に原液は入れません。

※安易に原液を口に入れない理由
については、春からのオリジナル講座で
詳しくお話しします。

●高濃度じゃないと効果が出ない?
●オーガニックだから安心?
●薬ではないから作用が弱い?

まずはよく考えてから
発信しないといけないと
今の私は、思っています。

アロマテラピーを
学びたいなら、

覚えるアロマじゃなく
考える力がつくアロマへ導く、

フィトテラピー専門家がいる
魔法の香りへいらして下さい。

無料体験会は、
1/15,2/5,3/4です。

【問い合わせフォーム】

お問合せ・ご予約


▲アクセスください。