ペパーミントとイランイランの痛みのおさえ方の違い

精油小辞典で鎮痛作用を調べてみると
50種類以上の精油が紹介されていた。

鎮痛作用の意味は、
一時的に局所的な痛みを和らげる作用。

痛みのある箇所に塗布することで、
その痛みが治まるという意味。

何故だろう?

あまり深く
考えたことがなかったけど、

●切った時の痛み
●生理痛の痛み
●関節の痛み など、

痛みのメカニズムはそれぞれ確かに違う。

 

ということは精油も
どんな痛みにどんな作用のあるもの
を使えばいいのかが分かると、

もっと効果的に痛みを抑えることが出
来るんじゃないかと私は思います。

 

例えばペパーミントは
ひんやり成分であるメントールが、

痛みを感じる神経の鍵穴を一瞬麻痺することで
痛みを伝えないようにする。

 

またイランイランに含まれる
β-カリオフィレンは、

麻薬の成分がくっつくことで
フワーとした気分にさせる鍵穴を活性
することで痛みを抑える。

 

15年以上
アロマな生活を続けていて
精油を使う時のポイントは、

鎮痛作用のあるものをむやみに
使うのではなく、

その痛みのメカニズムを知り、
痛みにあった精油を使うことだと
確信しています。

 

精油の特徴と身体のメカニズム
が分かっていると、

●すぐに痛みを抑えたいけれど薬がない。
●妊娠していねなどで薬が使えない。
●どうしても薬に抵抗がある。

などに利用できます。

 

効果的に
アロマを生活に取り入れませんか?

メディカル・アロマ講座の無料体験会は
5/13 オンライン受講して頂けます。

【お申し込みフォーム】
アロマ無料体験講座 ◀アクセスください。