ケモタイプ精油って何?という疑問にお答えします

新型コロナに対抗するために使う
アロマオイルって、

抗菌力・殺菌力をもつものを
選ぶ人が多いと思う。

だけどその作用って
どこのメーカーのものも同じなのか?

某有名メーカー2社の
ラベンダー精油をオンラインショップで
検索すると、

抽出植物名と言うところに
Lavandula angustifolia
と書いてあった。

 

私が使っているプラナロム社の
オンラインショップでは、

Lavandula angustifolia ssp.angustiforia
と書いてある。

何が違うのか?

多くの方が
気にも留めないことだと思いますが、

実はこの赤字で書いてある
ssp.~という部分が、

アロマオイルの作用が大きく変わる
重要ポイントなんです。

 

本日お越しくださった体験者様は
ケモタイプ精油とはどんな精油なのか?

が気になり本を読んだが理解できなかった
とおっしゃっていました。

 

ケモタイプとは
種が同じなのに育った時期や場所など
収穫される条件によって、

成分がかわる植物種のことを言い、
タイムは9種類ほどあるといいます。

 

中でも鎮痛作用に長けているタイムは
Thymus vulgaris CT Paracymene
タイムパラシメンです。

痛みを抑えるなら、
効果的に痛みを押さえたいと思いませんか?

 

このように赤字で書いてある部分も
学名と言って、

ssp.以降の部分により
植物の種類が変わってくるので、
成分も作用も変わることもあります。

抗菌作用や殺菌作用があるから
ティートゥリーを使うのはもちろんのこと、

植物の名前にこだわりを持つと
一層効果的にアロマの作用を利用できると
私は思います。

●アロマセラピストを目指されている方は、
安全で効果的な精油の選択をできるようにご指導
致します。
●アロマインストラクターを目指されている方は、
更に詳しくケモタイプ精油や学名にこだわる
理由をお伝えします。
●アロマアドバイザーをお勉強する方は、
レシピに頼らず自分で選択できる力が付くよう
ご指導いたします。

魔法り香りでメディカルアロマの
お勉強をしましょう。

無料体験会は4/1.8の2日間です。
無料体験会ご予約◀アクセスください。

メルマガ登録は
無料メールマガジン◀アクセスください。