うんこのにおいが花の香りに

初めてイランイランの香りを嗅いだ時、
なんてくさいんだと思った。

その日以来、精油のブレンドには
長い間イランイランを入れる事はなかったが、

アロマを続けてきて、
普通では考えられないにおいが
花の香りになることを知った。

例えばネロリやジャスミンなど
に含まれているインドールという成分は、

人間の「うんこ」のにおい成分
の一つだ。

単体で嗅ぐと強烈だが、
微量だとジャスミンの花の香りになる。

 

以前、精油の化学の著者
長嶋司先生の精油の化学講座
を受講した時、

香水作りには、雑巾や履き古した靴下
のにおいを微量入れる事は欠かせない、
とおっしゃっていたが、

なぜ「うんこ」が「花」になるのか、
まだ解明されていないようだ。

 

わたしのアロマの教室では、
インストラクターコースのレッスンで、
調香の単元が2回ある。

●1回目は、オレンジとベルガモットを
同じ滴数ずつブレンドすると、

どちらの香りもいい具合に香るのか?
というレッスン。

●2回目は、すごく主張の強いオレンジと
なかなか出てこないサンダルウッドを、

絶妙にマッチさせる仲人役の精油と、
なぜそんな事ができる?というレッスンです。

 

知れば知るほど楽しくなる。

魔法の香りでアロマを学べば、
もっと知りたいが増幅すると、

卒業生さんたちをみていて
確信しています。

 

ご興味のある方は
無料体験講座も開催しています、
ぜひお越しください。

12/16 10:30~ 14:00~

【問い合わせ・ご予約フォーム】
無料体験会ご予約◀アクセスください。