手で触れるトリートメントはなくならない仕事

トリートメントに興味があるけど、
いきなりボディーをするのは自信がないから、

ハンドトリートメントから
始めてみよう。

と言う方、すごく多いです。

 

だけどハンドトリートメント
が出来るようになったからと言って、

両腕10〜15分程度
のトリートメントを、

どれだけの人が
求めてくれるでしょうか?

また
どこで活かせるでしょうか?

●ボランティア
●ワークショップ
●家族や知り合い

私はトリートメントをするなら、
一生お客様と寄り添うセラピスト
になりたいと思っています。

肩を痛めた時、親身になって
寄り添ってもらった経験があるからです。

 

◆身体が重くて無理を承知で
連絡しました。
トリートメントしてもらえますか?
◆急で申し訳ないんですが、
今週空いてますか?
◆本当に久しぶりの連絡で申し訳ない
のですが、最近眠れなくて予約したいです。

などと言った連絡を頂けると、
寄り添わせてもらえていると実感します。

 

いきなりフルボディーをトリートメントすることは
勇気がいることだと思いますが、

●腕や肘に負担のかからない
体重の使い方。
●クライアントのボディーにしっかり
密着する立ち位置。
●心地よさをあたえるスピード。

などは
フルボディートリートメントでしか
学べません。

セラピストの「手」は
これからIT化が進む中、

絶対求められるものだと
思います。

 

ぜひあなたも、アロマセラピストを
目指してください。

無料体験講座で部分トリートメントの体験
を受けて頂けます。

ご希望方は申込みフォームから
セラピスト体験希望と書いて
お申込みください。

 

アロマ無料体験講座◀アクセスください。
無料メールマガジン◀アクセスください。