精油全体じゃなく単体を嗅ぎたい

こんな事を書くと、
この人アロマバカだな
とまた言われるかもしれないが、

香りの成分を細かく見ていくと
本当に面白い。

インストラクターの授業では
ジンジャーやセロリなど、

20種類の精油をさらに学ぶが、

それ以外に
リモネンやリナロールなど、
単体の香りも学ぶ。

この単体の香りを嗅ぐのが
実に楽しい。

そう思う理由は3つ。

①異性体により香りが違う
②グループにより香りの強弱がある
③その精油を特徴づける香りが分かる

①の例を挙げると、
ジャスミンに含まれているジャスモン
という香り成分は、

cis-ジャスモンだと
お花のジャスミンの香りがするが、

trans-ジャスモンでは
脂の香りがする。

 

②の例は
カンフェン(炭化水素類)
ボルネオ―ル(アルコール類)
カンファ―(ケトン類)

それぞれグループが違うと
香りの強さが違う。

 

③の例
ヌートカトンは
グループフルーツの香り。

1.8-シネオールは
ユーカリ・ラディアタの香り。

シトロネラールは
ユーカリ・レモンの香り。

精油の香りを印象づける
成分が分かる。

 

精油は1本で使うより、
何本かでブレンドすることが多い。

出来上がったものが不快な香りであれば、
効果が出ないと言います。

 

良い香りのブレンドオイルを作るには、
香り成分の単体を知ることも
大切なことだと私は思っています。

 

●異性体による香りの違い
●グループによる香りの強弱
●印象付ける単体成分

このようなことを意識して精油をブレンドしたい。
と思う人はきっと「アロマオタク」です。

精油のこと、
もっともっと深く学びませんか?

インストラクターコースが
スタートします。

一緒にご受講いただける仲間を募集中です。
ぜひこの機会にアロマオタクになりませんか?

インストラクターコースの詳細は、
▼アクセスください。
◆インストラクターコース

お問い合わせフォーム
▼アクセスください。
お問合せ・ご予約