50歳の私を誰が雇ってくれる?

50歳の誕生日を迎えてから、
ふと老後のことが気になった。

●主人の会社は、
65歳定年制を取り入れているのか?

●取り入れていたとしたら、
65歳まで働くつもりなのか?

●65歳を過ぎても
まだまだ元気でいた場合、
何をするか考えているのか?

などなど。

実家の両親を見ていると、
すごく元気で病気一つしたことがない父は

絶対に70歳になっても
シルバーさんとして、

草刈りや掃除などするんだろうな
と思っていた。

だけど実際は
腰を痛めてしまい、

65歳までも働くことが
できなかった。

また母も、
とても気配りができるヒトで

子供達の面倒も見てくれ
よく子育てから解放させてくれた。

なのに少しうつ状態になって以来
体の重だるさを訴えることが増えた。

両親と年が近い義母は
80歳を目前にしているが
すごく元気だ。

何が義母と違うのか?
それは「仕事を持っている」ことだ
思います。

●もし、夫が急に仕事を辞めてしまい
家計を支えないといけなくなったら、
50歳の私を誰が雇ってくれるだろ?

●自由になるお金がなく
年金暮らしになったら、
ひもじい思いはしないだろうか?

そんなことを考えると、
自分の仕事があって本当に良かったと思う。

個人事業主である限り
定年はないし、

頭が元気だと
講師の仕事は続けれる。

身体が元気だと
セラピストの仕事は続けれる。

私は、70歳を過ぎても仕事がしたいし、
自由になるお金も欲しい。

私もそう思う!

生涯講師、生涯セラピストを
目指したい。

そんな方は
私と一緒に歳を取りましょう。

無料体験会を開催しています。
1/15,2/5,3/4

10:30〜
14:00〜

【問い合わせフォーム】

お問合せ・ご予約